他人の身だしなみで気になる部位1位は「鼻毛」!

ビジネスシーンは、身だしなみが最も重要。

取引先など、相手からの印象を左右するため、多くのビジネスパーソンが気を使っているはず。

その実態を探るべく、身だしなみに対する意識調査を行なった。

■ 見つけると気になってしまう所

ビジネスシーンでの他人の身だしなみについて、
「見つけると気になってしまうこと」を聞いたところ、
1位は「鼻毛が出ている」に。
2位には「髪が乱れている」、3位には「服が汚れている」がランクイン。

そこで、1位となった「鼻毛が出ている」について、さらに詳しく調査したところ、実際に他人の鼻毛が気になった経験があるか尋ねると、
約8割が「ある」と回答。しかし、そのうちのほとんどが
「他人の鼻毛に気づいたにも関わらず、指摘できなかった・しなかった経験がある」と回答しており、デリケートな問題だと考えられる。

■ 鼻毛処理の方法は「切る」派が7割

鼻毛はなかなか指摘してもらえず、だからこそ自分で早めに処理をする必要があると言えます。

鼻毛の処理方法に置いて最も多いのが、「切る」。

まず、頻度を尋ねると、
「1週間に1回程度」で、定期的に処理をせず「気づいたとき」だけ処理している方が多いようです。

また、処理方法については、半数以上が「ハサミで切る」を選択。
続いて「鼻毛カッターで切る」となり、「切る」派が多い傾向があります。


「抜く」派は「手で抜く」、「ピンセットで抜く」、「脱毛ワックスで抜く」の順となります。

さらに、「ご自身の鼻毛処理の方法は正しい方法だと思いますか」と聞いてみたところ、「切る」派は「自信がある」と回答したが、
「抜く」派は鼻毛を抜くことが正しい処理方法なのか、不安視する声も出ている。

傷つけないように「切る」のがオススメ!

鼻毛処理といっても、ハサミ、電動鼻毛カッター、ピンセット、鼻毛用ワックスなど、様々な方法があります。
「ハサミで切る」人が多いようですが、衛生的にも「切る」のがおすすめです。

鼻毛を無理に抜くと、出血や毛穴の奥にある毛を包んでいる部分(毛包)に菌が入り込み、炎症を起こしてしまう可能性もあります。

リスクを減らし、定期的なケアをビジネスシーンに活かすためにも、鼻毛は定期的に短く整えておく事がよいでしょう。

ハサミを使う場合は、鼻の中を傷つけないように気を付けてください。
電動の鼻毛カッターなら、刃が体に当たらないようにガードが付いているのでより安心です。

鼻毛を気にすることなく、又、気を使われる事もなく、
ビジネスにおいて重要な「身だしなみ」のケアを行いましょう。

関連記事

  1. スネ毛脱毛

    女性はすね毛が苦手!夏にモテる男性は脱毛にいこう

  2. フラッシュ脱毛は日焼けNG!?これで失敗しないメンズ脱毛の準備

  3. 【永久脱毛】メンズリゼでレーザー脱毛したらこうなる!

  4. 貴方は大丈夫?間違っているニキビケア方法

  5. 脇脱毛

    男性にとって意外と知らない脇毛の知識!処理はどうするべき?

  6. べたつき肌と蒸れは毛穴から…